MENU

歯周病治療・予防歯科

Periodontal disease

Medical歯周病治療

歯と歯ぐき(歯肉)のすき間(歯周ポケット)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こして、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてしまい、歯をぐらぐらにさせてしまう病気を歯周病(歯槽膿漏)といいます。成人の約8割が罹患しているとされ、気が付かないうちに進行し、歯科医院を受診した時には、歯を残せないという深刻な状態になっていることも珍しくありません。

歯周病の原因

むし歯と同じように、常に口の中に存在している歯周病菌です。歯と歯ぐきのすき間の近くに付着した歯垢から産生される、歯周病の毒素によって歯槽骨が吸収してしまいます。

歯周病の症状

代表的な症状は以下になります。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする。
  • 歯を磨いた時に、出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯と歯の間に食べ物が良く詰まる。
  • 歯ぐきが下がったような気がする。
  • 以前より歯が伸びたような気がする。
  • 歯がグラグラする。
  • 歯が浮いた感じがする。
  • 歯ぐきが熟れたトマトのように、真っ赤で、腫れて膿がでる。

歯周病の検査

  1. 口の中の写真を撮影します。
  2. レントゲン撮影して、歯を支える骨の状態を調べます。
  3. 歯科衛生士によって、歯周ポケットの深さを計測し、骨の吸収度を精査します。
  4. 歯のぐらつき度を計測します。

歯周病の予防と治療

口腔清掃指導

1.口腔清掃指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解した上で、正しいブラッシング方法を学んでいきます。

スケーリング(歯石除去)

2.スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。歯に付着しておりそれ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

フラップオペレーション

3.フラップオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除くことは不可能です。このような場合には、麻酔を使用して、歯肉を開いて歯根を露出させ歯垢や歯石を取り除きます。

メンテナンス

4.メンテナンス

治療が終わった後に継続して、良い状態を維持することをいいます。そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います最低でも半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院し安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。

歯磨きを助けるもの

プラークコントロールは、歯ブラシによる歯磨きが基本です。電動歯ブラシ、歯間ブラシ、舌ブラシ、デンタルフロス、歯磨き粉、洗口剤を使用することは、歯垢の付着防止に効果が期待できます。

歯周病と全身疾患との関わり

歯と歯ぐきのすき間にある、歯周ポケットから侵入した歯周病菌の毒素が、毛細血管を介して体内循環することで、糖尿病、アテローム性動脈硬化症、関節リウマチ、慢性腎臓病など、全身へ悪影響があると報告されています。

Medical予防歯科

むし歯や歯周病になってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。
一般的に、歯科医院で行うものとして、歯科医師および歯科衛生士が専門的な機械を使用して、磨き残しを徹底的に除去すること、むし歯や歯周病の検査、正しい効率の良い歯の磨き方の指導、むし歯や歯周病になりにくい食事などを含めた生活習慣についてのアドバイスなどを行うプロフェッショナルケア、患者様がそれらの指導を受けて、実家などで行うセルフケアがあります。

これらは、一度受けたらそれで終わりというわけではありません。定期的に通院し、セルフケアのスキルをブラッシュアップすることで、良好な口腔内環境を保つ必要があります。