MENU

口腔外科

Medical

Medical口腔外科

口腔(こうくう)外科の診療対象は、「原則として口唇、頬粘膜、上下歯槽、顎骨(顎関節を含む)、硬口蓋、軟口蓋、舌前2/3、口底、唾液腺(耳下腺を除く)部位とする」とされています。

これらの範囲に発生する、以下のような疾患を主に担当します。

  1. 先天異常・発育不全(過剰歯、小帯異常、顎変形症など)
  2. 損傷(スポーツや転倒による歯および顔面の骨折など)
  3. 炎症・アレルギー疾患(口腔感染症、歯性上顎洞炎、骨髄炎、骨吸収抑制薬関連顎骨壊死など)
  4. 嚢胞(顎骨嚢胞など)
  5. 腫瘍(良性・悪性腫瘍)
  6. 顎関節疾患(顎関節症、顎関節脱臼、顎関節強直症など)
  7. 唾液腺疾患(唾液腺炎、唾石症、粘液貯留嚢胞、ガマ腫、唾液腺腫瘍など)
  8. 全身疾患の中の口腔症状(シェーグレン症候群、天疱瘡など)
  9. 口腔領域の神経疾患・心因性病態など(三叉神経痛、顔面神経麻痺、舌痛症など)
  10. その他(睡眠時無呼吸症候群、インプラントなど)

中には全身麻酔下で手術が必要なものもあります。特に緊急性があり、当院での対応が困難な場合は、近隣の高度医療機関へ紹介状を作成します。

その中でも一般的に、多く見られる疾患として、智歯周囲炎(親知らずの抜歯)、過剰歯、上唇小帯などの付着異常、スポーツ、転倒などによる口唇や舌の裂傷、歯の破折や脱臼、歯根嚢胞など顎骨嚢胞、線維腫など良性腫瘍、顎関節症、顎関節脱臼、口腔乾燥症、口腔カンジダ症、骨膜下膿瘍、口内炎、舌炎、舌痛症が挙げられます。

院長は出身医局である、東京歯科大学オーラルメディシン・口腔外科学講座・東京歯科大学市川総合病院 歯科・口腔外科で、口腔外科とオーラルメディシンを専門にして、全身麻酔下での手術、外来、当直、病棟患者の管理を日々行ってまいりました。
オーラルメディシンという言葉は、一般的に馴染みが薄いと思います。日本語では、口腔内科と呼ばれ、「歯科患者の口腔だけに視点を向けず、全身的背景を考慮した口腔疾患の診断と治療を目的とし、外科的アプローチを主体とせずに口腔の医療をあたるもの」と定義されています。口内炎を例にして考えてみます。口内炎は、一般的にはビタミン不足、疲労した時にできるイメージがあると思いますが、実際は原因不明であると教科書には記載されています。繰り返す口内炎の場合、その都度ステロイド軟膏を処方するだけでは、解決にはなりません。全身的な疾患が背景に隠れていないか、原因の究明が必要です。口内炎を来たしやすい全身疾患として、ベーチェット病、皮膚筋炎、Sweet病、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、MAGIC症候群、クローン病、尋常性天疱瘡など、ざっと挙げただけでも、これほどあります。それとは別に、血液疾患、消化器疾患、局所的原因、皮膚疾患、欠乏症などもあり、関連各科の医師と連携を取りながら、問題の解決に努めます。

このように、当院は患者様の全身状態をより考慮しながらの診察、治療になります。

普段通院されている病院の主治医先生宛に、照会状を作成しますので、その返信内容を確認後、治療方針を決定します。御足労をおかけしますが、安心安全な治療の遂行のため、御協力のほど、宜しくお願いします。

※初診で親知らずの抜歯を希望される患者様※

当院では、初診日に親知らずを抜歯することは原則できません。 親知らずの抜歯は、非常にリスクがある治療のひとつです。そのために、必要な画像検査、抜歯における予定時間、術後合併症、偶発症について、抜歯同意書・説明書を用いて説明を行うためです。御理解の程お願いします。